トップに
戻る

Agaricus
より多くの方に!
究極の健康食品を!

01
アガリクス茸誕生の物語
02
アガリクス茸復活の物語
03
アガリクス茸の栽培物語
04
人に喜ばれる事業の物語
05
アガリクスショック物語
06
アガリクス栽培工程物語
07
アガリクス安全安心物語
08
天然アガリクス消失物語
09
アガリクス製造工程物語
10
アガリクス処理作業物語
11
アガリクス現状報告物語
12
人間には自然治癒力物語
13
アガリクスとは何か物語
14
アガリクスと20年間物語

こんな商品があります
アガリクス茸01
アガリクス乾燥品
アガリクス茸02
アガリクス液体品
アガリクス茸03
アガリクス液体品(上級)
アガリクス茸04
アガリクス顆粒品


ガン免疫療法に
評価指針

朝日新聞 2015-01-25
厚労省の補助を受けた
三重大学が
検討委員会を設置

幻の茸『 アガリク ス』の栽培物語

愛媛県新居浜市からアガリクス茸の案内。元気な毎日を過ごしたい。健康を維持したい。そんな方にアガリクス茸をお勧めいたします。

アガリクス茸は露地栽培より・・・
・・・施設栽培のほうが安全な物語


徹底比較!何といっても!「施設栽培」をお選び下さい
 アガリクスの事を、まだあまりよく知らない人には仕方がないのかもしれませんが、 「アガリクス茸」と いっても産地や栽培法の違いで品質が異なるということを是非とも分かってほしいと思います。そして、路地栽培アガリクスの問題点と施設栽培アガリクスの優位点を是非ともご理解ください。

 アガリクス茸の栽培方法は主に2種類あって、ひとつは屋外の畑で栽培する「露地栽培」、もうひとつは工場内で栽培する「施設栽培」です。中国など海外では露地栽培が主流のようです。

 当店で取り扱うアガリクス製品は、愛媛県新居浜市船木にある栽培工場で施設栽培されたアガリクスものだけを使用しています。
 アガリクス製品をお買い求めの場合は、必ず栽培地・栽培方法などをご確認下さい。

アガリクス・ブラゼ・ムリル

品質にご注意! 露地栽培では栽培環境は、お天気まかせ。
 毎年食べられていた「スギヒラタケ」で急性脳症を発症する事故があり、環境変化によって毒性物質ができた可能性が指摘されていました。 それに引き換え施設栽培では、夏でも冬でも栽培環境は常に一定ですので品質が変動しません。

安心なのは、管理が行き届いた「施設栽培」
 毒キノコもまとめて収穫し製品化って可能性はないのでしょうか。施設栽培では、アガリクスだけを純粋培養し、アガリクスだけを栽培し、アガリクスだけを収穫しています。他のキノコが混入することは一切ありません。ご安心下さい。


私たちは、アガリクスの栽培システムを・・・・・・
・・より安全で安定した「施設栽培」を選択しました。

満足いただけるアガリクスをお届け出来る自信があります


アガリクス茸製造工程紹介
こちらも是非ご覧下さい
アガリクス商品の購入はこちらです

[責任者 よしだ じゅんじ]

Copyright (C) 2014-2016 アガリクス M. All Rights Reserved.