トップに
戻る

Agaricus
より多くの方に!
究極の健康食品を!

01
アガリクス茸誕生の物語
02
アガリクス茸復活の物語
03
アガリクス茸の栽培物語
04
人に喜ばれる事業の物語
05
アガリクスショック物語
06
アガリクス栽培工程物語
07
アガリクス安全安心物語
08
天然アガリクス消失物語
09
アガリクス製造工程物語
10
アガリクス処理作業物語
11
アガリクス現状報告物語
12
人間には自然治癒力物語
13
アガリクスとは何か物語
14
アガリクスと20年間物語

こんな商品があります
アガリクス茸01
アガリクス乾燥品
アガリクス茸02
アガリクス液体品
アガリクス茸03
アガリクス液体品(上級)
アガリクス茸04
アガリクス顆粒品


ガン免疫療法に
評価指針

朝日新聞 2015-01-25
厚労省の補助を受けた
三重大学が
検討委員会を設置

『 アガリク ス』 ショック 物語

愛媛県新居浜市からアガリクス茸の案内。元気な毎日を過ごしたい。健康を維持したい。そんな方にアガリクス茸をお勧めいたします。

思いも寄らないニュースが・・・
・・・アガリクス~ショック物語


なんとアガリクスが!!、がんを促進???びっくり
 平成18年2月13日、厚生労働省医薬食品局食品安全部が、アガリクス製品の安全性について食品安全委員会の意見を求めることになりました。

 プレスリリースによれば、市販のアガリクス3製品の毒性試験を行ったところ、そのうちの1つであるキリンウェルフーズ社の製品から発がん促進作用が認められたとのことです。

 「がんに効くはずのアガリクスが、がんを促進する」ってことで、蜂の巣をつついたような大騒ぎになりましたね。
 当店の電話も鳴りっぱなし・・・・・・・
 「大変だ---」対応に大わらわでした。

アガリクス・ブラゼ・ムリル

事実は・・・中国産アガリクスを原料に使用した1社だけ
 アガリクスについて言及すると、中国産は重金属含量が高いことがわかり、どこのだれが栽培したのかもわからないようなものを原料として使用するには大変危険だと判断しました。

 3製品のうち、中国産アガリクスを原料に使用したキリンウェルフーズ社の製品だけが、復帰突然変異試験、染色体異常試験、中期多臓器発がん性試験に陽性となっており、国産アガリクスを原料にしているとされる残り2製品は陰性だということでした。

 当店のお客様には、これよりずっと以前から、中国産の危険性についてお伝えしていましたので、特に大騒ぎするほどの内容ではないと思っていました。

 ただ、当時はまだまだ、中国産食品に対する危険性があまり認識されていないときで(さまざまな中国産食品の危険性が指摘されだしたのはこのあと)、残念ながら中国産も国産もなくアガリクスそのものの信頼が大きく失墜してしまい、売上もドーンと落ち込んでしまいました。

人事では済まされません!この事件を教訓に精進いたします
 個人的には、1つの出来事というか事実や情報に対して、それがどのように報道され、受け手はどのように理解し、どのように行動するのか、いい勉強になったと思っています。もちろん、それ以来、新聞やテレビの情報を盲目的に信じることは止めました。


中国産を利用した1社のために・・・・・・・・・
・・・・アガリクス全体の信用が・・残念です。


信じてください!アガリクスは貴方のご期待を裏切りません


アガリクス茸製造工程紹介
こちらも是非ご覧下さい
アガリクス商品の購入はこちらです

[責任者 よしだ じゅんじ]

Copyright (C) 2014-2016 アガリクス M. All Rights Reserved.