トップに
戻る

Agaricusg
より多くの方に!
究極の健康食品を!

01
アガリクス茸誕生の物語
02
アガリクス茸復活の物語
03
アガリクス茸の栽培物語
04
人に喜ばれる事業の物語
05
アガリクスショック物語
06
アガリクス栽培工程物語
07
アガリクス安全安心物語
08
天然アガリクス消失物語
09
アガリクス製造工程物語
10
アガリクス処理作業物語
11
アガリクス現状報告物語
12
人間には自然治癒力物語
13
アガリクスとは何か物語
14
アガリクスと20年間物語

こんな商品があります
アガリクス茸01
アガリクス乾燥品
アガリクス茸02
アガリクス液体品
アガリクス茸03
アガリクス液体品(上級)
アガリクス茸04
アガリクス顆粒品


ガン免疫療法に
評価指針

朝日新聞 2015-01-25
厚労省の補助を受けた
三重大学が
検討委員会を設置

幻の茸 人間には自然治癒力物語

愛媛県新居浜市からアガリクス茸の案内。元気な毎日を過ごしたい。健康を維持したい。そんな方にアガリクス茸をお勧めいたします。

ご存知でしょうか?自然治癒力を
・・・・・人間には本来備わっている物語


 ※ 残念ですが!現代はストレス等で能力が低下しています
 生物には、体の状態をある一定の範囲で保つメカニズムが元々備わっています。 それを恒常性(ホメオスタシス)といいます。言いかえれば、病気とはこの恒常性が破締した状態の事なんです。

キノコの写真

 さらに、生物が持つ大きな特徴は、この恒常性が破締をきたした場合でも、それを自分で修復する力を備えている点です。
 自分自身で病気を治癒に導く力を持っているのです。この治癒に導く復原力を担うものが、免疫系、ホルモン系、神経系から成り立っている生体の調整系です。

 ※ 安心してください!あなたにも免疫力が備わっています
 医療の力を借りなくても、多くの病気が自然に治ります。風邪を引いても、多くの場合、医者にかからなくても自然に治ります。  体の治す力(本来、体に備わっている自然治癒力)が治しているのです。
この体の治癒力のかなりの部分を、免疫という力が担っています。

 ※ 知りたくありませんか?「免疫システムの正体」を???
 生物の体には、侵入してきた病原菌や毒性のある化学物質、突然変異によって生じた腫瘍細胞などを攻撃する免疫システムが備わっています。

 ただのタンパク質のかたまりであれば、バクテリアなどの微生物によって腐敗分解せれてしまうが、 生物の体はこの免疫システムによって、ミクロの外敵と熾烈な闘いをくりひろげて、 これらの外敵の侵入を防ぎ、排除することによって生体を維持しています。

 健康人はこの免疫システムが健全に働いており、何の問題もない。
しかし、多くの人は、様々なストレス、バランスの悪い食生活、 大気汚染などの公害によってこの免疫システムが崩れて、各種疾患に悩まされているのが実状ですね。

 ※ あらゆる病気の原因は?免疫力の低下か敏感すぎるが?
 癌は老化などによる免疫力の低下が原因とされる説が有力であり、アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症、 リウマチなどは免疫システムの過剰反応によるものであり、 エイズはエイズウイルスが免疫細胞を破壊することによって各種症状が発症する。

 ※ 免疫は全ての「非自己」を攻撃する・・????
 免疫による攻撃は、病気を起こす微生物に対してだけではありません。本来、健康な体には存在しなかったものには攻撃が加えられます。

 生命体である細胞だけでなく、自分にもともと存在しなかったもの、 自分と違うもの、つまり「非自己」は全て攻撃の対象となります。

 肝臓を移植した場合、一番の問題が、移植後に起きる拒絶反応です。 この作用は免疫そのもので、拒絶反応は、移植を受けた患者さんの免疫が働き、 移植された臓器を攻撃するのです。

 このように、自分と違う異物を排除するのが免疫の中心的働きですが、最近の研究では、 もっと広く体の維持と調整に免疫がかかわっていることが明らかにされています。

 免疫は、胎児から生まれ育ってくる過程で、誤って発生したものを排除し、正常な人間を形成する力ととれえれれています。 また、単なる攻撃、排除といった働きではなく、健康の体を維持するために体の細胞が分裂し、 成長していくことも助けています。

 さらに、ホルモン系や神経系と一体になり、 その共同作業によって、免疫系は体の健康で一定した状態を維持するうえで重要な調節系をつくっていることもわかってきています。・・・・

皆さん!健康維持で一番大切なことは・・・・
・・・・・・免疫力を正常に戻す事ですよ。

きっと、お役に立ちます!ご家族の健康を「アガリクス」で


アガリクス茸製造工程紹介
こちらも是非ご覧下さい
[責任者 よしだ じゅんじ]

Copyright (C) 2014-2016 アガリクスグ M. All Rights Reserved.